ETCカードは審査が厳しい?クレジットカードは手早く精算できるの?

飲み会や打ち上げ会の支払でもETCカード付きクレジットカードを使うと手早く精算をすませることができるので、非常にスムーズです。

運営会社や提携ブランドの収入源は手数料が占める割合が大きいですが一般ユーザーで加盟店も料金を徴収されていることは知っている人は少ないと思います。

加盟店が支払う割合は営業内容によって異なりバーやクラブなどの飲食店は2番目に高い率の業種で4%から7%に設定されています。

3回以上の分割払いを指定すると客側も支払うことになりますので金利が加算されて指定口座から自動引き落としされます。

1回や2回払いは販売促進の目的で運営会社は利用者に料金を請求しないため店舗が利用代金の負担を要求してきても、それは加盟料なので負担すべき料金ではありません。

現在では大多数の方が、高速を利用する際にはETCカード付きクレジットカードを利用しています。

ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので一般会員には提供されないサービスが利用できます。

審査基準には年齢制限や年収制限などの厳しい審査がありましたが近年、より上のランクのカードができたため条件が緩和されてきています。

この会員が受けることのできる特典としては専用デスクの利用、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金を利用することが多い人はその分にもポイントが貯まるのでお得です。

会費が不要になるものもありますが、これは一般会員の中から企業側が選出した人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、自発的に申し込んでも受け付けてもらえません。

更に一定の利用金額で年会費が無料になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。

手持ちがさみしいときでも買い物が難なくできる1枚、その支払い方法は一括で支払う方法・分割で支払う方法・ボーナスで支払う方法・などがあります。

リボ払いは分割とは別の支払い方法で決められた金額を毎月その会社に支払う方法です。

毎月の支払い額が決まっているので金銭管理をしやすく出来るのが特徴です。

しかし、この方法を選択すると手数料もかかりますので毎回支払い方法に選ぶ事は避けた方が良いでしょう。

返済方法は計画的に行ってください。

現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。

オートチャージ機能があれば自動で入金してくれて残金の範囲内でショッピングや食事などの支払が可能です。

支払の際に財布を開ける必要が無いので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。

まとめて後から請求が来るキャッシュいらずのカードは調子に乗って買い物してしまうと大変ですが前払いで入金しているので気兼ねなく使うことができます。

更に預託金システムなので信用審査が不要ですから専業主婦でも利用できるので便利ですね。

ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードでできるということです。

料金所でカードを料金所係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCは無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話してカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に入口に料金所がなかった場合は料金算出の距離がどこからになるか不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口を起点に計算されるようです。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?今でも一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが多くの方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットを受けられるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、高速出口の料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると割引前は一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

ここ数年でよくノマドワーカーという言葉を聞くことがあります。

中には独立して法人化を行い社長となる人も増えているそうです。

個人事業主の方は経理業務がとても面倒だと感じる方もいるそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費は毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと同じで法人専用のビジネスカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

会社設立後の1つの関門とされています。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様に付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、大半はETC利用時は付与率が減少していることが多いようです。

また、ETC利用時はポイント付与対象外になるカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後に利用料金を確認しようとETC利用照会サービスを使おうと思ったら事前準備が必要になります。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくはETCカードの登録をすでに行っているなどの場合は新たに登録する必要はありません。

車で遠くに行く時に便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が見る部分が年会費や更新費用でしょう。

年会費について大まかに分類すると1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年間で1回以上の利用があると年会費がかからなくなるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりに発行費が有料の場合、ほとんどの場合更新費も有料になっていることが多いです。

皆さんは毎月のクレカの利用額はちゃんと管理できていますか?特にカードを何枚も持っている方は管理が大変ですよね。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同じように明細が必要になります。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトで過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますが信用面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の第三者が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

一体型カードは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

新大学生など免許取り立ての方の多くはETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

発行元はネクスコなどの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にイメージされるクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のクレカを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

免許を取ったばかりの方の中にはまだカードを持っていない方もいると思います。

すでにクレカを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路をあまり利用しない方なら年会費無料のライフカードがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

高速を利用するときに便利なETCカードですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か挙げておきます。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月に利用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。