プロバイダがつながらない場合確認することは?

もうすでにかなり長いことインターネットのお世話になっています。
光回線の契約も会社を変えたりして何社かと契約をしてきました。
これまでの間に光回線を利用してきて通信速度が遅いと思ったことは全くありませんでした。
動画を観るのも快適で、他の回線を使うことはないといった風に思っています。
プロバイダにつながらない場合に確認する点があります。
パソコンや機器の設定を確認しても、おかしい所がなかった場合には、接続Idやパスワードに誤りが無いか、もう一度、確かめてみます。
数字の0とアルファベットのOを打ち間違えるといったようにミスしやすい文字があるからです。
それでも接続できなかったら、プロバイダに聞いてみてください。
ここのところ、光回線業者が高齢者の家を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えてきております。
この事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明白にしました。